競合調査についての情報が満載です!

このサイトでは、市場調査についてビジネスに役立てることができる様々な情報をわかりやすくまとめてあります。
市場調査の中でも競合調査はライバル企業との差別化を図る上では欠かすことができないものです。
こちらのサイトの内容を理解することで、調査の流れがどのようになっているのか、調査に必要な期間はどのくらいを考えておけば良いのか、開始する前には競合企業の定義をしっかり把握しておかなければならない理由や仮説をしっかり立てた上で始めることへの重要性、結果に応じて自社の戦略を確認、これらの知識を得ることができます。

ビジネスに役に立つ競合調査の情報まとめ

ビジネスに役に立つ競合調査の情報まとめ 競合調査とは市場調査の一つで、競合する会社の商品もしくはサービスを比較する、その比較対象となるのは売上・利益・労働生産性・流通プロセス・店舗がある場所・来客数・ホームページデザインやコンテンツ内容などが挙げられます。
競合調査を行うことで、他社との差別化を図ることができるようになるので、自社ビジネスのマーケティングには欠かすことができない、中でも競合する企業が多い業界などでは必須の市場調査です。
競合調査の流れの基本は、調査企画・調査対象を設定する・仮説立て・実査の順に行うことになります。
調査企画では調査目的を明確にする、調査対象は3社以上を決めて行うなどのポイントがあります。
また、仮説立ては商圏調査の実施であり、自社の強みおよび弱みを基にして戦略のための仮説を立てます。
実査は調査および分析であり調べた情報を分析する最終段階で、ここまでの必要期間は一般的に1か月から2か月を要します。

ライバル社と自社の違いを比較するのに役立つ競合調査

ライバル社と自社の違いを比較するのに役立つ競合調査 競合調査とは、自社にとってのライバル会社をピックアップし、商品やサービス内容について比較調査を行うことを言います。
同じような商品やサービスを提供している会社が自社しかなければ良いのですが、大抵は複数存在するため競争に打ち勝つことができなければシェアを伸ばすことができません。
そこで競合調査を行うことで、自社とライバル会社複数の比較を行います。
調査結果からそれぞれの強みや弱みを分析し、今後の戦略について役立てていくのが一般的な使い方です。
調査の対象となるものは幅広く、商品の内容に加えて広告の方法、シェアの状況、主な購買層など多岐にわたります。
調査範囲を限定することなく幅広く調べていくことで、違いを見つけ出すのが重要です。
なお競合調査は、それを行うだけでは意味がありません。
なぜなら調査結果に基づいてライバル会社に勝つための経営方針を立てることが重要だからです。
そこで調査結果から自社が有利な点や劣っている点を導き出します。
その上で有利な点に関してはそのまま維持するようにし、逆に劣っている点については改善するためのプランが立てられます。
例えば若い世代のユーザーが少ない場合、いかにして若者の関心を取り込むことができるか考えるといったような具合です。
他者との差別化を行い、業績を拡大するために役立つ調査と言えます。

企業力を高めることができる市場での競合調査

企業は利益を上げ続けることですが、常に勝ち続けていくことなのです。市場には数多くの商品やサービスがあり、独自の付加価値を持っているものばかりが勝ち残っていきます。いいものを考える、作るというのはそれなりに投資も必要になってきますが、より有効に付加価値を高めていくためえに競合調査が有効です。競合調査は情報とも言われますが、それは数字だけではなく目で見てわかるようなものも必要になります。今や情報は溢れている時代でインターネットでも検索が容易にできますが、それらを分析できなければなりません。競合調査は単に数字で傾向を表すというものではなく、なぜそのような違いがあるのか、そのためには何が必要なのかということを見抜くことです。サプライチェーンやバリューチェーンに必要な情報は一つではなく、これらを総合的に捉えて方向性を決めなければならないです。このように競合調査は企業が利益を上げ続けるためにとても有効な方法です。

競合調査はマーケティング展開の上では大切です

マーケティング展開を行う上では、競合調査を行うことは大切となります。新製品の発表を行ったり、既存製品の売上改善を目指したりする際には、ライバル企業が出している商品の調査を行うことが必要なものです。競合調査を行う際には、事前に比較するべきポイントを洗い出しておきましょう。製品の機能や価格、プロモーション方法など、どの部分の調査を行うべきかの検討を事前に済ませておく必要があるのです。調査を行った際には、収集したデータを、どう集計するかも大切です。データをまとめるにあたっては、使用目的によって、集計形式が違っていくのも普通なものです。社内で会議に用いるデータと、クライアントに掲示する報告書では、書式が違ってくるのが普通だからです。競合調査を行った後は、改善を進めるための手順を考案することも必要となります。新商品の開発や、既存製品の改善を進めるにあたり、どのような形でデータを活用するかを検討するのです。改善を実施した後には、効果測定を施すことも忘れないようにしましょう。

おすすめの競合調査情報サイト

競合調査の定義